便秘になると体臭が強くなる理由は!?

スメルハラスメントなんて言葉が流行るように、体臭ケアをしない人は「デリカシーの無い迷惑な人」なんて言われるようになってきました。
汗の臭いや加齢臭など、自分でケアしやすい臭いなら気をつけることも出来ますが、便秘が原因で体臭がキツくなることもあるとどれくらいの人がご存知でしょうか?
そこで、便秘と体臭の関係について見ていきたいと思います。

 

・便秘が続くと体臭がきつくなる!?
便が排出されないと言うことは、腸内に便がたまり続けている状態です。
そもそも便は体に取っての不要物ですので、体内にたまり続けると不要物が腐敗・発酵していくのは想像に難くないことと思います。
腐った物や発酵したものの臭いは日常でも嗅いだことがありますよね?
あの独特の臭いは体内で発がん性物質を含む有害物質として便から生成され、腸壁から血中に溶け出し、全身に巡って呼吸や汗、皮脂と共に体外へ排出されます。
これが便秘が続くと体臭が強くなる仕組みです。

 

・善玉菌を増やそう!
腸内にたまった便を腐らせる一因に、悪玉菌の存在があります。
これに対抗するために、腸内の善玉菌を増やす食品を摂取するといった対策がとれます。
善玉菌を増やせば悪玉菌の増加を最低限に抑えることが出来、結果として腸内環境も整って便秘解消の近道となるでしょう。

 

このように、便秘が続くと体臭は確かに強くなることが分かっていますが、自分の体臭は自分では分からないものです。
便秘であってもお腹が痛くないなど不調を感じ難い体質の人はつい放置してしまいがちですが、これを期にエチケットの一貫として便秘解消を心掛けてみましょう。